歯差し歯とインプラント

歯を抜い立ところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。
これは重要な事実です。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療をうけている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。
インプラントの定着には長い時間がかかってしまうものですが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大切なのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、中々気付きづらくなっています。
治療後も定期的に歯科に通い、検診をうけるようにしてください。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がない所以ですから、使えないのです。一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。今後もおそらく保険は聴かないでしょう。
なぜならインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。歯科治療で手術をうけたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によってだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使いつづけられます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともな幾らい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もう、こわごわキシリトールガムを噛向こともないのです。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。